メインイメージ画像

近くのサポートを利用しましょう

想定外で自分自身が病院に行くようになったケース、中学生の学校のイベントなどの場合にとても悩んだ体験のある方は多くいるのではないか考えます。最近では、核家族世帯の子育てのサポート政策として、市町村独自の制度を設定してあることが多くあります。そのサポートの一つが保育ママなどと言った名前で呼ばれるサポートです。子育ての経験のある方が、講習を受け、保険を契約してから安く見てくれるサポートです。他にも、働くママさんだけしか使用不可と勘違いしがちな保育園でも一時預かりをしている施設ももあります。

絶対に、一人頑張ろうとせずこれらのサポートを使用しましょう。詳細内容は、各地方の広報等に載っていることがいっぱいあるので、調べて下さい。

活発な子供でもパパに抱かれて、本を聞くのがお気に入りです。子育てにおいて、本の読み聞かせは、単純に内容を理解する、字を覚えさせると言う以上の効果を持つのです。本を読むことで、あなた達は子供と同じ時を過ごすことができるのです。

子供と一緒に本の世界に入り、様々な経験を擬似体験することになるでしょう。心が同じ方向になっているという現状は、子供に落ち着きを生みます。お子さんの質問に考え込んだり、逆に尋ねたりして考えてみるという理論的思考がつくのです。一方、隣で本を読むという状況は徐々に触れ合いを生みます。ハグは愛されている感覚に直結し、その感覚はお子様をとても成長させます。